つくばリサイタルシリーズ公式ブログ

第11回公演は2022年1月23日(日)、つくばカピオにて!チケット購入はteketから→ https://teket.jp/1479/5971

新入生紹介 part.7

みなさん、こんにちは!新しくつくばリサイタル実行委員会に参加させていただくことになりました、総合学域群第1類1年の及川と申します。運営担当です。よろしくお願いします!

 

★自己紹介

・出身:岩手県 つくばの自然を見ると、岩手を思い出してほっこりします!

 

・所属:総合学域群第1類 来年に所属学類が決まるので、ワクワクドキドキです!

    今のところは比較文化学類か芸術専門学類に行きたいな~と考えています。

 

・趣味:ピアノを弾くこと、音楽を聴くこと、テニスをすること

    好きなピアニストはチョ・ソンジンさんです!

    特にチョ・ソンジンさんが弾く、ラフマニノフピアノ協奏曲第2番と、

    ドビュッシーの水の反映が好きです!

 

★実行委員会に入ったきっかけ

 

 今までピアノをやってきたこともあり、コンサートの企画に漠然とした興味がありました。そのため、筑波大学の江藤先生がつくばリサイタルシリーズを紹介してくださったときは、すぐに「これだ!」と思い、参加することを決めました。学生のうちからコンサートの企画や音楽家の方たちと関わる経験ができるのは貴重なことだと思うので、つくばリサイタルシリーズに出会えたことを、嬉しく思っています!

 

 まだ、入ったばかりで分からないことが多いのですが、先生や先輩方に教えてもらいながら、第11回のつくばリサイタルシリーズも素敵なコンサートにできるよう、精一杯お手伝いしていきたいと思います!

 

★私の一枚

 

f:id:recitaltsukuba:20210624115837j:plain

祖父の家の庭に咲いていたゴールドバニーというバラです!

 

オンライン授業で家にいることが多いので、たまに外に出たときにふと目に入る花に癒やされます♪ 

 

 気になったので、黄色いバラの花言葉を調べてみたところ、「友情」、「献身」、「薄れゆく愛」、「嫉妬」だそうです。

 

 なんでも、「薄れゆく愛」・「嫉妬」の由来は、キリスト教では、イエスを裏切ったユダが最後の晩餐の日に着ていた服の色が黄色だったことから、黄色がマイナスの意味を持つことだそうです。

 

 対して、インドでは生命や真実を表す高貴な色、中国では皇帝の色とされているようです。日本でも、黄色と言えば、「幸せの黄色いハンカチ」などという言葉もあるくらい、明るいイメージがあるように思いますが、文化圏によって様々なんですね。勉強になりました!

 

 そろそろ本格的な夏になる頃ですね。コロナや東京オリンピックの行方も気になりますが、今年の夏も元気に乗りきりましょう!!

 

第11回つくばリサイタルシリーズでみなさんにお会いできることを楽しみにしています!

 

それでは!

 

運営:及川(総合1類 1年)