つくばリサイタルシリーズ公式ブログ

第10回記念公演は5月22日(土)、つくばカピオにて!

10周年記念企画!これまでのつくばリサイタルシリーズ part2

こんにちは!

満席御礼!

早速ですが多くのチケットのお申込みをいただき、ありがとうございました!

おかげ様をもちまして、満席をいただくことができました。お申込みを終了とさせていただきます!

 

これまでのつくばリサイタルシリーズ part2

さて、今回は10周年を記念してこれまでのつくばリサイタルシリーズ全9公演をふりかえるシリーズ、その後編です。

part1はこちらから↓

10周年記念企画!これまでのつくばリサイタルシリーズ part1 - つくばリサイタルシリーズ公式ブログ (hatenablog.com)

 

それでは今回は第6回から振り返ってみましょう。

 

第6回(2017年度)

日本を代表する弦楽四重奏団、クァルテット・エクセルシオ再登場!!

2017年12月11日、つくばカピオにて開催

第4回にも出演したクァルテッ・エクセルシオが再び登場しました。

f:id:recitaltsukuba:20210517023840p:plain

【プログラム】

・モーツァルト : 弦楽四重奏 第19番ハ長調「不協和音」
・江藤光紀 : 弦楽四重奏曲 第2番「うつし世は、ゆめ」(2017、初演)
・ドヴォルザーク : 弦楽四重奏曲 第12番ヘ長調 作品96「アメリカ」

弦楽四重奏曲第2番「うつし世は、ゆめ」は今回の第10回つくばリサイタルシリーズにおいて再演されます!

楽曲紹介ブログも公開されていますのでチェックしてみてください↓

楽曲解説part.2 弦楽四重奏曲第2番「うつし世は、ゆめ」 - つくばリサイタルシリーズ公式ブログ (hatenablog.com)

 

第7回(2018年度)

読響ブラス ―いま、一番聴きたい金管五重奏団―

2019年1月14日、つくばカピオにて開催

読売日本交響楽団金管セクションから、辻本 憲一さん(トランペット)、尹 千浩さん(トランペット)、日橋 辰朗さん(ホルン)、桒田 晃さん(トロンボーン)、次田 心平さん(チューバ)をお招きしました。金管アンサンブルはつくばリサイタルシリーズでは初めての出演でした。

f:id:recitaltsukuba:20210517024812j:plain

【プログラム】

・ケヴィン・マッキー:エスケイプ

・ウジェーヌ・ボザ:ソナチネ

・ジョン・チータム:スケルツォ

・江藤光紀:空想の街角(初演)

・織田英子:金管五重奏

・ポール・ナグル:ジャイブ・フォー・ファイブ

コンサートの様子はこちらから振り返ることができます!↓

写真で振り返る読響ブラス - つくばリサイタルシリーズ公式ブログ (hatenablog.com)

 

第8回(2019年度)

カルテット・アマービレ

―難関・ミュンヘン国際コンクール入賞 若い才能の織りなす未来の音―

2020年1月26日、筑波大学春日講堂にて開催

弦楽四重奏団、カルテット・アマービレをお招きしました。カルテット・アマービレには第10回記念公演にも出演していただきます!

会場となったのは筑波大学春日講堂。演奏を想定した舞台ではありませんが、そんな状況を感じさせない素晴らしい演奏に聴き入りました。

f:id:recitaltsukuba:20191007173009j:plain

 【プログラム】

ハイドン:弦楽四重奏曲 第53番 ニ長調 op.65-5 Hob.Ⅲ-63「ひばり」

・江藤光紀:弦楽四重奏第3番「吉祥天の微笑」(2019、初演)
ウェーベルン:緩徐楽章
メンデルスゾーン:弦楽四重奏曲 第6番 へ短調 Op.80

当日の様子はこちらから↓

カルテット・アマービレ~若き才能の織りなす未来の音~ 無事開催しました! - つくばリサイタルシリーズ公式ブログ (hatenablog.com)

 

第9回(2020年度)

ヴァイオリン×打楽器×ピアノ

一日だけの異色の競演

2020年12月12日、つくばカピオにて開催

福田廉之介さん(ヴァイオリン)、會田瑞樹さん(打楽器)、高橋優介さん(ピアノ)に出演していただきました。なかなか見られない異色のコラボが反響を呼びました。この日のために書き下ろされた「さまざまな風」(江藤光紀)では三つの楽器が個性を放ちながら競演し、圧巻でした。

f:id:recitaltsukuba:20200924231156j:plain

【プログラム】

・ベートーヴェン:ロマンス第1番 ト長調 作品40(福田Vn、高橋Pf)
シューベルトソナチネ ニ長調 Op.137-1 D.384(福田Vn、高橋Pf)
・江藤光紀:さまざまな風(初演)(福田Vn、會田Perc、高橋Pf)
・水野修孝:ヴィブラフォン独奏のための三章(會田Perc
プロコフィエフ:ヴァイオリン・ソナタ第2番(福田Vn、高橋Pf)

コンサートの様子はこちら↓

写真で振り返る第9回つくばリサイタルシリーズ! - つくばリサイタルシリーズ公式ブログ (hatenablog.com)

 

さて、ここからはこれまでの演奏会に関わってきた卒業生からのコメントを紹介します!

つくばリサイタル10周年、誠におめでとうございます!
私が4年次のとき始まったクライドファンディング。当時は実施が目標というような感じでしたが、今や多くのご支援をいただいておりますこと、非常にありがたく、そしてうれしく思います。そして今後益々みなさまのご支援をいただきながら、つくばリサイタルがより充実した公演を開催できていくであろうことに一ファンとして心を躍らせております。
今後もつくばリサイタルシリーズが多くの人の心を動かし続ける公演となりますことを祈念いたします。
阿部ののか(2017年度卒業)

つくばリサイタルシリーズ第10回開催おめでとうございます。
もともと都心に比べて演奏会が少ないことに加えて、コロナ禍により筑波から出にくくなった昨今、つくばの学生が気軽にクラシック音楽に触れる機会はさらに減っているのではないかと思われます。
その中で実力のあるアンサンブルをお呼びして演奏会を開けることを、OBとして、音楽を趣味とする者としてとても嬉しく思います。今後もこのシリーズが筑波の芸術振興の一助となるよう、心から応援しています。
酒匂陸(2018年度卒業)

つくばリサイタルシリーズ第10回記念公演の開催、おめでとうございます!

第6回の準備時に、大学からの支援に依存しない形態を模索したことが懐かしく感じられます。そこで生まれた、ご支援をいただき一流クラシックで還元するという形が、第10回に至るまで活きていることは嬉しい限りです。
また、当時の経験は、社会人となった現在でも思い返すことが多く、非常に学びの多いものでした。

今回も、江藤先生のご尽力はもちろんのこと、委員の皆さんの自律性や結束力も一層高まっていることが伺えます。新型コロナの波にも負けず、ここまでリサイタルを企画なさった皆様に脱帽いたします。

これからも益々多くの方に愛されるシリーズとなることを、心よりお祈り申し上げます。

加藤結穂(2020年度卒業)

ここまでの軌跡を振り返ってきました。いよいよ22日土曜日には第10回記念公演が開催されます!10周年に相応しい素晴らしい出演者、色とりどりな楽曲が皆様をお待ちしております。

お申し込みがまだの方はこちらから↓

チケットお申し込み方法のご案内 - つくばリサイタルシリーズ公式ブログ (hatenablog.com)

 

文責:岩永(比文3年)